×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 まずは家計状況の把握
             
  
予算内で暮らしてみる

よく「袋わけ家計簿」というものを見たり聞いたりします。
食費、雑費、医療費、と項目の数だけ封筒を用意し、その中に予算のお金を入れて、そのお金の範囲内で暮らす、というやり方。
家計簿をつけない方はこのやり方がいいと思います。
ただ、、実際、袋を持ち歩いて買い物をする人は少ないと思います。
私も最初はこの「袋わけ」をやっていたんですが、結局家に帰って、各袋に計算して残金を入れてました。小銭が無かった日は翌日なんとか帳尻を合わせてました。
結構、めんどくさい(笑)

私はせっかく家計簿をつけているのだから、これをやはり有効に使うべきだと思いました。
毎日つけるのだから、各項目の残金は一目瞭然。
この残金をしっかり頭に残しておくか、かな〜り気になるときはプリントアウトする。
これが私のやり方です。
残金が少ないのがわかると、人間、そーそー使う気になりませんって(笑)
それから、予算内で暮らすことがだんだんゲームのような感覚になってます。
「芸能人1万円生活」じゃないけど、自分との戦いっていうのでしょうか?
人間て色々創意工夫するもんです、無いならないなりに知恵を絞るんです。
それで、「私ってすご〜い☆」とか思っちゃうんです(嗚呼、ほっといて〜)
それがまた快感だったりします(^^;)

                               HOME